国産熱帯フルーツ栽培

国産熱帯フルーツ栽培
東日本大震災及び福島第一原発事故で被害を受けた農業と観光の再生に向け、
町の新たな特産品として国産バナナの栽培に取り組んでいます。

■見学可能時間 9:00~16:00

バナナをはじめ、栽培中の植物の成長は随時インスタグラムで更新中!⇒インスタグラムをチェック!

広野町産バナナ ネーミング大募集

国産バナナ(仮)とは?

弊社で栽培している「国産バナナ(仮称)」は、岡山県の農業法人ファームが開発した「凍結解凍覚醒法」という新技術を応用して、台湾バナナの系統である「グロスミッチェル種」をもとに作り出したオリジナルの品種です。
糖度が高めでクリーミーかつ濃厚な味わいが特徴で、何よりも昔懐かしい食感を楽しむことができます。また、健康の向上にうれしい各種ポリフェノールや必須アミノ酸を豊富に含有し、エネルギー代謝に欠かせないビタミンB群も豊富に含まれています。 栄養たっぷりな皮も食べられるため、皮ごと輪切りにして食べるのもお楽しみです。

何よりも熱帯性の作物を東北の地で栽培、収穫するというチャレンジ精神が町民の方々への希望の糧となり、収穫時たわわに実った黄色いバナナが少しでも「心の傷」を癒やすことができればとの思いで事業に取り組んでいます。

国産熱帯フルーツ栽培に関するお問い合わせ

TEL 0240-27-2131

受付時間 火~日 9:00~16:30
※月曜日(休日の場合は開園)/12月30日・31日・1月1日はお休みです

メールフォームからお問い合わせ